マイナーな割安株発掘隊

あまり知られていないマイナーな割安株をピックアップして分析してみるブログです。

名港海運(9357)を分析してみました

 

 

 会社概要

 

名港海運(9357)は名古屋港拠点の港運業者大手の会社です。

会社に海運という名前がついているので船隊を保有している海運業者と勘違いしそうですが、分類としては倉庫・運輸関連業になります。主な業務内容は港湾における荷物の積み下ろしや保管、運送、海運代理店業などです。

名港海運は名証2部に上場しており、現在の株価は1010円。1単元買うのに必要な金額は101万円となります。

 

 

 

成長性  50点

 

未だに2006~7年頃の利益水準までは回復していないが、リーマンショックの最悪期からここ7年ほどは増収増益基調。

海外拠点が今後の成長の原動力となるか。

 

 

割安性  60点

 

会社の今期の業績予想から算出した予想PERは約11倍とまずまず妥当な水準におもえる。

予想配当利回りに関しては、約2%と普通。

  

 

 財務健全性  100点

 

会社の時価総額約330億円に対して、利益剰余金が680億円で有利子負債が0と超々キャッシュリッチ。手持ちの現預金と有価証券だけで380億円と時価総額を上回る規模。さらに広大な土地も保有している。

 

 

商品(サービス)の競争力  60点

 

当社の主要拠点である名古屋港においては、新規に手強い競争相手が現れる可能性は低く、今後も安定した利益を稼ぎ出してくれそう。

 ただし当社の扱っている貨物には、資源・自動車・工作機械などの景気に敏感な物も多く、国内・海外の景気が悪化すれば取扱貨物量に大きく影響すると考えられる。

 

 

 

  

 …以上、銘柄分析の第一回目は名港海運という超マイナー銘柄をピックアップしてみましたがいかがでしたでしょうか(^-^) 

 

私の場合、こういう成長性があまりない代わりに資産バリュー株としてみれば非常に魅力的な会社の株を買うときは、債権を買うつもりで投資しています。

 これからもこういう地味~な銘柄を中心に紹介していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

それでは(^-^)ノシ

 

 

 

【注意事項】銘柄分析に関する記述の正確性について保障はできませんのでご了承ください。また銘柄への採点は筆者の主観に基づいて行っております。投資する際はくれぐれもご自身の判断と責任でお願いします。

 

 

只今ブログランキングに参加中です。

応援していただければ励みになりますm(_ _)m 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村

株式長期投資 ブログランキングへ