マイナーな割安株発掘隊

あまり知られていないマイナーな割安株をピックアップして分析してみるブログです。

日本株ポートフォリオ(2016年9月末時点)

 

2016年9月末時点の日本株ポートフォリオETF投資信託を除く)

 

 

ピックルス(2925) 2000株→1800株(@1041円)

 中間決算の発表前に株価が急上昇したのでとりあえず200株を利益確定。中間決算の内容についてはほぼ予想通りでしたので、大きく下落する局面があればまた買い直しを検討するつもりです。

 

鈴茂器工(6405) 900株→600株→700株(1053円)

今月は意味不明な理由(某有名投機家の方がtwitterでこの銘柄を取り上げたことが切っ掛け?)で株価が急騰したため、とりあえず300株を利益確定。その後、1200円まで反落したところで100株を買い直しました。

 

ノーリツ鋼機(7744) 1200株(@649円)

太陽化学(2902) 1000株→1200株(850円)

四季報最新号の業績予想を確認後に買い増しました。

 

オーベクス(3583) 2000株(@193円)

エンカレッジテクノロジ(3682)  295株→195株(@1907円)

中長期的には大きく成長するポテンシャルを秘めた会社だと思っていますが、今期の業績については下方修正する可能性が高いのではと予想。減益決算発表前の株価水準まで戻したところで100株を損切しました。

 

ジャストシステム(4686) 800株(@840円)

パソナグループ(2168)  600株→500株(@663円) 

800円近くまで上昇したところで100株を利益確定しました。

 

アバント(3836)  1000株→700株(@1162円)

四季報の来期の営業減益予想を確認後に300株を利益確定。

四季報の減益予想はマイナス方向にオーバーシュートすることが多いので不安は残りますが、中長期的にはかなり期待できる銘柄だと思っているので残りはこのままホールド予定です。

  

ウェルネット(2428) 0株→300株(@1323円)

今期は先行投資額の増大により大幅な減益予想となっていますが、この会社の将来性を考えると現在の株価はかなり魅力的な水準に感じたため300株を打診買いしました。
個人的にはかつて保有していたエニグモのようなパターンになることを期待しています。

 

テンポスバスターズ(2751)0株→100株(@1579円)

この会社の株主優待(食事券8000円)について改めて調べてみたところ、近所に使えるお店があったため100株を打診買いました。

この会社の圧倒的な競争力を考えると現在の株価はなかなか魅力的な水準に思えるので、引き続き株価と四半期業績の動向をチェックしていくつもりです。

 

日本管理センター(3276)0株→300株(@1233円) 

最近の管理戸数の伸び鈍化はやや気になりますが、安定したストック型収益が見込める事業を展開しており長期的な成長余地も大きいと判断、300株を打診買いしました

 

 JACリクルートメント(2124)0株→300株(1053円)

日本においても将来的には解雇規制の緩和等で労働市場の流動化が進むと予想。株価も割安と思える水準まで下落していたため300株を打診買いしました。

 

日本ケアサプライ(2393)0株→300株(@862円)

福祉用具レンタル市場の成長性、高い配当性向(50%)、まずまず安定的なストック型の収益というところに魅力を感じ300株打診買いしました。
ただ参入障壁に関してはかなり低いのではないかと考えられるので、時間があればこの辺もう少し詳しく調べてみるつもりです。

 

幼児活動研究会(2152) 400株(@924円)  

サンセイランディック(3277)  300株(@863円)

JSS(6074)      200株(781円)

オリックス(8591)  200株→100株(@1385円)

1500円台前半で100株を利益確定しました。

 

日本BS放送(9414) 300株(916円)

ソフト99コーポレーション(4464) 200株(758円)

クロス・マーケティンググループ(3675) 700株(@399円) 

G-7ホールディングス(7508)  300株→1000株(@1206円)

神戸物産のHPで「業務スーパー」の8月の月次売上を確認後に700株を買い増しました。

この銘柄については、一過性の要因もあり今期の「オートバックス」の営業利益は未達となる可能性が高いと予想していますが、引き続き「業務スーパー」が成長を牽引していくのではないかと考えています。

 

神戸物産(3088)  200株→100株(@2221円)

8月の月次売上発表を機に株価が50%近く急騰したため100株を利益確定。売却で得たキャッシュでフランチャイジー最大手のG-7HDをさらに買い増しました。

  

日本社宅サービス(8945)  800株(@385円)

ファンコミュニケーションズ(2461) 300株(@849円)

菱電商事(8084) 1000株(@452円)

三井住友(8316)   300株→200株(@2747円)

下向きの50日移動平均線まで反発したところで利益確定しました。

銀行株については、マイナス金利等の長期化により今後も厳しい事業環境が続くのではないかと予想しています。

 

名港海運(9357)  300株→0株(@1007円)

伊藤忠商事(8001) 500株(@919円)

三菱UFJ(8306) 1200株→1000株(@442円)

日本農薬(4997) 200株(@910円)

住友商事(8053)  500株(@1081円)

イワブチ(5983)  70株(@4900円)

三井物産(8031) 400株→300株(1102円) 

国際帝石(1605)   400株(@1308円)

WDB(2475)   200株(@768円) 

天龍製鋸(5945)  95株(@2604円)

SDSバイオテック(4952)  200株(@796円)

三菱商事(8058)  100株(@1898円)

アルコニックス(3036)  200株(@937円)

アサンテ(6073) 200株(@1045円)

あいHD(3076) 300株(@2194円)

富士精工(6142) 400株(@259円)

サイボー(3123)  400株(@571円)

京阪神ビルディング(8818)  300株(@515円)

A&T 300株(@932円)

日本SHL(4327)  80株(@2239円)

マルゼン(5982) 200株(1024円)

東北特殊鋼(5484)   250株(@1303円)

ブロードリーフ(3637)  100株(@1318円)

第一化成(4235) 600株(@743円)

都築電気(8157) 300株(487円)

ノザワ(5237) 250株(@1002円)

パラカ(4809)  200株(@705円)

ケンコーマヨネーズ(2915) 100株(@612円)

新日鐵住金(5401)  75株(@2740円)

ホンダ(4254)   100株(@3854円)

SBIHD(8473) 100株(@4127円)

電業社(6365) 100株(@1801円)

瑞光(6279)  35株(@4217円)

プロトコーポ(4298) 100株(@1408円) 

ディーエムエス(9782) 200株(@776円)

 松田産業(7456)  100株(@1279円)

 未来工業(7931)  100株(@767円)

 
その他、評価額10万円以下の銘柄については省略。

 

2016年1月~9月までの確定損益+3580278円

 

 

今月は中小型株全般が堅調だったようで、私の保有銘柄でもピックルス、鈴茂器工、神戸物産等が大きく上昇、PF全体としてはTOPIXを大きく上回るパフォーマンスで終えることが出来ました。

 今月の主な取引履歴としては、成長性の低そうな資産バリュー株や銀行株を幾つか売却した一方、成長性と割安性を兼ね備えていると思うG-7ホールディングスを大きく買い増して主力銘柄に。また四季報の最新号からピックアップした銘柄の中から、ウェルネットテンポスバスターズ、日本管理センター、JACリクルートメント、日本ケアサプライを新規に打診買い。

  引き続き水準訂正により大きく下落した成長株に注目しつつ、CPに余裕ができたら買い増しを行っていきたいと思います。

 

 

只今ブログランキングに参加中です。

応援していただければ励みになりますm(_ _)m 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村株式長期投資 ブログランキングへ