マイナーな割安株発掘隊

あまり知られていないマイナーな割安株をピックアップして分析してみるブログです。

ナガセ(9733)を分析してみました

 

会社概要

 

ナガセ(9733)は、東進ハイスクール東進衛星予備校で有名な学習塾大手の会社です。他にも小中学生向けの塾やスイミングスクール、ビジネススクールなども展開しています。

 

ナガセの現在の株価は2980円で一単元買うのに必要な金額は298万円となります。

 また、SBI証券でナガセの株を一単元持っていると貸株サービスで0.5%の金利が貰えます(2015年7月現在)。

 

 

 

成長力  70点

 

ここ5年は増収増益基調。前期は消費増税などの影響で減益になったが、今季は大幅な増収増益を見込んでいる。また近年、積極的に同業他社の買収も行っている。

  

 

割安性  80点

 

会社業績予想を基にした今期の予想PERは約9倍。知名度の低さと投資する際の障壁の高さゆえか、同業他社よりかなり割安に放置されているように感じる。また、予想配当利回りも約3.4%と高水準。

 

 

  財務健全性  40点

 

自己資本比率の低さと有利子負債の多さが少し気になるが、社債の発行等で手持ちの現預金は200億以上ある。成長のための更なるM&Aもあるかもしれない。

 

 

競争優位性  80点

 

東進ハイスクール東進衛星予備校など高校生部門のセグメント利益率は26%と、減益に終わった前期の数字で見てもかなり高い。また林修先生や人気講師達のテレビ出演の効果もあり、東進ハイスクールの社会的知名度は近年大きく向上している。

当社は学習塾業界において今後も高い競争優位性を維持していくと予想。

 

  

管理人の雑感

 

  東進ハイスクールの社会的な知名度は抜群ですが、株式投資の世界でナガセの知名度はほぼ皆無。10日間くらい出来高0の日が続いたりします。その一番の原因はというと、やはり一単元買うのに300万円近く必要という超値嵩株だからでしょうね。

私も過去に単元未満株で主力銘柄の1つとして保有していた時期がありましたが、目標としていた数量を買うのに1ヶ月くらい注文を出し続けた記憶があります。

 

それだけ苦労して買った株ですが、前期の減益決算予想で薄利撤退してしまった為、今は僅かな株数を残すのみとなってしまいました。

ただ現在の株価はかなり割安だとおもうので、手間は掛かるけどまた単元未満株で少しづつ買い戻そうかと考え中です。

 

  

 それではまた!(^-^)ノシ

 

 

 

【注意事項】 銘柄分析に関する記述の正確性について保障はできませんのでご了承ください。また銘柄への採点は筆者の主観に基づいて行っております。投資する際はくれぐれもご自身の判断と責任でお願いします。

 

 

 

只今ブログランキングに参加中です。応援していただければ励みになりますm(_ _)m 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村

株式長期投資 ブログランキングへ